会社設立のメリット

税理士は、会社設立する人たちにとって、どのように関わっていけば良いのでしょうか。個人事業の方々が、一度や二度、法人について考えることもあるのではないでしょうか。果たして、個人事業者のままで大丈夫なのでしょうか。それは、税という問題からも考えられているでしょうか。 法人成りのメリットは、所得を分散出来ることにあります。個人事業者というケースでは、その所得は、事業をしている個人のものです。法人の場合はそうではなく、配偶者もあり、役員にすれば、子供さんや他の両親などにも、給与を支払いしたり、法人内部に留保という方法によって所得分散が可能になります。

このような方法によって、法人の場合、所得税節約の方法を見つめていくことが出来ます。個人事業者の場合では、事業主自身に対する退職金が、必要経費とすることが出来ません。法人の場合では、そうとはならず、事業主に対する退職金があれば法人費用として扱うことが出来ます。このような方法によっても、法人成りによって、節税対策をすることが出来ます。

他に、生命保険に関しても、法人成りのメリットがあり、個人事業者の場合、生命保険の支払いは、年間最大12万円までの所得控除までしかありません。法人の場合、事業主を被保険者として、生命保険の加入で年間最大12万円という制限がなくなることになります。保険料の一部または全部を法人成りによって、法人費用とすることが出来ます。更に続けましょう。

コメントは停止中です。